布団クリーニング|横浜市鶴見区の集荷・宅配

このエントリーをはてなブックマークに追加
布団クリーニング画像

布団クリーニングならダスキンふとん丸洗い宅配サービス

横浜市鶴見区の布団クリーニングはダスキンにお任せください。
宅配システムを導入しておりますので、楽にクリーニングできます。
ダスキンだから安心システム
  1. どこに布団クリーニングを頼んだらいいのかわからない!
  2. 大切な布団だから心配
  3. 洗濯可能かよくわからない?
  4. ネットだけで申し込みは怖い(-_-)
このようなお悩みをダスキンが解決します!
家族写真
詳しくは 布団クリーニング宅配サービス専用ホームページへ
横浜市鶴見区在住のお客様で、宅配サービスにご不安がある方は無料でご自宅に伺います。

布団の汚れについて

布団は予想以上に汚れているものです。ダニ・カビはもちろん、汗や垢、髪の毛やフケ、皮脂汚れ、花粉、ホコリ等々。
また天日干し時に布団を叩くことで、内部のダニやダニのフンが表面で出てきてしまったり、糞や死骸は叩くことで小さくなり人間の気管に入りやすいサイズなっていしまいます。

布団の中にいるダニの糞について

ダニは一日一匹につき、約6個の糞を排泄します。1か月で約180個、3か月で約540個、半年でなんと1,000個以上の糞が、たった一匹で増えてしまいます。
布団には多くのダニがいますから、汚れが増えていくスピードは想像以上です。

ダスキン布団クリーニングについて

布団クリーニング工程
布団はたっぷり水を使い丸洗いしますので、ダニアレル物質の約98.3%を洗い流すことができます。また洗うことで、髪の毛やフケなどのダニのえさも除去されますので、その後のダニの繁殖を制御できます。

素材を痛める漂白剤は使わず、劣化しにくい中性洗剤などを採用して、布団にやさしい洗浄を心掛けています。

乾燥もベルトコンベヤー式乾燥機を採用しております。

お客様の声

お客様アンケート鶴見区在住 Y様
Q1:ダスキン布団クリーニングサービスはどこで知りましたか?
A1:ダスキンの担当者から勧められて

Q2:布団クリーニングサービスは初めてのご利用ですか?
A2:何度も利用しております。

Q3:布団クリーニングを注文した理由はなぜですか?
A3:他社より安く、注文しやすいから

Q4:洗い上がり(仕上がり)はいかがですか?
A4:満足しています。

Q5:注文から出し方の流れはいかがでしたか?
A5:満足してます。

Y様、いつもご利用ありがとうございます。
今後もダスキン布団クリーニングをよろしくお願いします。


横浜市鶴見区ってどんな町

横浜市の東側にあります。有名な名所では横浜ベイブリッジがあり中区本牧地区と大黒ふ頭がつながっています。
中心市街地は鶴見駅周辺です。
「鶴見」の名は、鎌倉時代に源頼朝が鶴を放ったことから命名されたという伝説があります。
また一説には、「鶴」とは関係なく「水路や河川の周辺」を意味し、「ミ」は「周り・巡り」を意味する言葉で、合わせて「ツルミ」と言われています。
人口は約27万人(平成29年5月現在)、区の平均年齢は42.4歳(横浜市平均年齢43.1歳)、世帯数は第2位の12.6万世帯
外国人登録者数は約9千人で、人口の約3.6%を占めています。
国籍別で見ると、中国・韓国・朝鮮・ブラジル・フィリピンの順番です。

横浜市鶴見区のマスコット

ワッくん
名前:ワッくん 性別:オス
市政100年を控えた昭和63年に行われた「つるみフェスティバル"88」でフェスティバルに親しんでもらうために、マスコットを作ったそうです。
ワッくん家族
チャームポイントはしっぽと笑顔。家族構成はパパ、ママ、ちびワッくん、ワッコちゃん(ワッくんのお友達)

なぜワニ?
鶴見区の形がワニの顔に似ている!?ので、鶴見区の「産業のまち」の力強いイメージにぴったりだったこと

ワッくんの部屋

参考資料:ウィキペディア、鶴見区ホームページ